うつ病患者の接し方を学んで言葉に気をつける

主婦が発症

主婦がうつ病を発症してしまう原因

うつ病というと、仕事などのストレスから精神が激しく落ち込む病気です。ほとんどの方は、仕事で働いている方がなりやすいというイメージを持っています。ですが、近年では主婦がうつ病になってしまうケースが増えて問題となっています。ある統計では、主婦の10人に1人がうつ病だと判断されています。 主婦がうつ病を発症する主な原因は、日常の様々な場面で家庭のことを頑張ってきたストレスによるものです。たとえば、毎日だんなさんの弁当を作ったり、子供の勉強の面倒をみたり、掃除を丁寧に行っているなどです。 主婦の方でもパートなどで働いている場合は、家庭でのストレスを外で発散することができます。しかし、専業主婦は、上手くストレスを発散することができないことが原因で、うつ病になりやすいです。

主婦のうつを改善するには

家庭でのストレスが原因の主婦のうつ病を治療するには、食事の見直しを図ることが大切です。たとえば、毎日の食事でハムやシーセージなどの加工食品は控えたほうが良いです。というのも、加工品にはたくさんの添加物を使用しているからです。この添加物は、体の免疫力に悪影響を与えてしまう原因となります。よって、ストレスに苛まれやすくなります。ですから、可能な限り減らすように努力することが大事です。 逆に積極的に食べたほうが良い食品は、ビタミンDです。ビタミンDは天然の抗うつ剤として、心身の負担を減らす効果があります。なので、うつ病には非常に有効といえます。最近では、薬局てビタミンDサプリメントが販売されているので、サプリとして摂取すると良いです。