うつ病患者の接し方を学んで言葉に気をつける

原因を知る

原因にはどのようなものがあるのか

昨今、社会問題にもなっているうつ病ですが、その原因にはどんなものがあるのでしょうか。 はっきりとした原因は医学的にもはっきりとはわかっていないそうです。 一説には、脳内の神経伝達物質の動きが悪くなる事で発症すると言われています。 具体的にはストレスや、からだの病気、あるいは環境の変化などです。 このように、うつ病は1つの原因で発症するのではく、様々な要因があるということです。 代表的な原因にストレス、特に過度のストレスを感じた場合があります。 ストレスといっても千差万別ですが、うつ病の原因となるのは、人間関係からくるストレスや環境の変化から来るストレスがあります。 例えば、身近な人の死に直面したり、仕事をリストラされたりなどの悲しい出来事があります。 また、全く逆に昇進や結婚など嬉しい出来事に関するストレスも、うつ病発症の原因になります。

うつ病の具体的な対策方法

まず、自分がうつ病になりやすいタイプかどうかを認識する必要があります。 実はうつ病には、なりやすいタイプがあります。 例えば、責任感の強いタイプであったり、人当たりが良く几帳面な人があげられます。 このようなタイプの方は自分の精神の許容範囲を超えて頑張りすぎたり、それでストレスを溜め込んでしまうのです。 自分がこのようなタイプであると認識したら、すべてに完璧を求めないようにするのもよいでしょう。 また、物事に優先順位をつけて行動する事で、うつ病になりにくくなる工夫が出来ます。 しかしながら、大人になってから自分の性格を変えるの簡単なようで非常に難しいです。 こういった場合は、近隣の心療内科や精神科を受診し、専門の医師に相談したりするのがよいでしょう。 そうすることでより具体的なアドバイスや治療に関する指導を受ける事が出来ます。

どのような治療法があるのか

うつ病の原因が、脳の中にある神経伝達物質の異常によるものということがわかったため、現在では、主に投薬治療で回復を待つという方法が取られています。 うつ病で精神的にダメージを受けたことにより、思考が停止するため判断能力が低下してしまいます。 それらの症状が原因で社会生活を送ることが困難となるため、休養と投薬により、伝達物質の改善を図り、機能を回復させます。投薬に使用される抗うつ剤も多種多様となり、症状のレベルに合わせて処方され、症状の変化にあわせ調整が行われます。 また、心理カウンセラーからもアドバイスを受けながら、徐々に思考能力を取り戻し、以前の生活に戻れるよう焦らずゆっくりと治療することが大切です。 うつ病には、完治というはっきりした判断ができません。 投薬により原因とされている神経伝達物質のバランスを維持しつづけなら、無理をせずに、身体の具合と向き合いながら、自分のペースで過ごしていくことが重要です。 投薬治療が終わったのちも、心身のリハビリを行うことも大切です。